対人関係療法研究会の皆さま
お世話になっております。

3月に、ロールプレイを中心にした特別編を開くことになりましたので
お知らせいたします。(同様のものを2016年3月と2017年3月、2018年7月などに開いております)

参加者の方に患者役をやっていただき、水島が治療者役をし、
面接の具体的な進め方などを学んでいただこうと思います。
また、その形だけにとらわれずに、いろいろなディスカッションが
できればと思っています。

会場形式は、実践入門編と同じ、講義形式とし、患者役の方には
水島と共に会場の前におかけいただきます。
「参加者」と「見学者」の区別はありません。

「その場次第」の要素がかなりあるので時間管理は完璧には
いきませんが、
短時間枠(30分以内・ある局面のみ検討したいような方)、
長時間枠(60分以内程度・じっくりと症例検討したい方)
のそれぞれを選んでいただき、症例のエントリーをしていただきます。
症例のバランスおよび先着順を考慮して、現場でロールプレイに参加していただける方を
決定しますが、当日、もしも時間があまるようでしたら、
順位に漏れてしまった方の復活も考えますので、ご予定ください。

=====

対人関係療法研究会特別編(ロールプレイ中心)

目的:症例のロールプレイを通して、具体的な面接の進め方を学ぶ

日時: 2019年3月31日(日) 9:30-16:30(昼食休憩1時間)

場所: 麻布いきいきプラザ(東京都港区元麻布)
*お申し込みの方には地図をお送りします。

定員: 30名程度(講義形式)

参加費: 10,000円(当日学生証を提示でき、会場設営にご協力くださる方は、学生料金7000円)
参加資格:(1)と(2)の条件をともに満たす方に限らせていただきます。

(1)対人関係療法研究会の実践入門編(2008年度以降)を修了されて
いる方、あるいは実践編(2007年度)を修了されている方

(2)症例エントリーができる方。(現在進行中の症例、導入予定の症例、
あるいは定型例の創作でもかまいませんが、対人関係療法による
治療を行っている/考えている症例。
かつ、その患者役をロールプレイできる方)

内容:

●エントリーしていただいた症例について患者役をやっていただき、
治療者役の水島とのやりとりの中で、感じたことや疑問点などを
検討していきます。

当日の時間割を決めるため、また、患者さんについての基本資料として配布するため、
事前に「症例エントリーシート」にご記入をいただきます。

お申し込みをいただきましたら、こちらから「症例エントリーシート」をお送りしますので、
●ロールプレイする状況の時点までに得られている患者情報
(全くの初めであれば、おそらく主訴、既往歴、家族歴程度?
治療中盤であれば、それまでの治療経過の概要も)、
ロールプレイを希望する理由
などをお書きください。

エントリーシートは、当日印刷して参加者の方に配布する予定です。
エントリーシートの提出期限は3月3日(日)とさせていただきます。

★ 参加ご希望の方は、info@ipt-japan.org あてに、ワークショップの
日付を明記してメールでお申し込みください。

ご参加いただけることになった方には、エントリーシートや
振込先情報をお送りします。

エントリーナンバー、当日ロールプレイにご参加いただける可能性が
どの程度高いか、ということについては、3月26日(火)以降当日までに
ご連絡いたします。

ご質問がございましたら、お気軽に info@hirokom.org
お問い合わせください。

* 事務局(info@ipt-japan.org <ipt_study@ybb.ne.jp>
)は、原則として月~木のみ(その他不定休あり)のお返事となりますのでご了解ください。

* なお、上記「学生証」とは、精神療法を行う立場になるために
直接関係のある学生証(例えば、医学部の学生証や、
臨床心理士となるための大学院の学生証など)のことを意味しております。

水島広子